疲れた人のセーブポイント

ジャンプ感想などなど

『さよならくちびる』面白かった話

f:id:mangacomicda:20190605020827j:image

 

 最近上映開始された映画で、調べたところどうも上映規模は小さいらしい。けど、非常に良かったんで、紹介。ネタバレはなし。

 あらすじは以下の通り。公式より引用。

 小松菜奈がレオ、門脇麦がハルに扮したインディーズのデュオ<ハルレオ>は、 今最も時代に求められている俳優・成田凌が演じる、二人を支える付き人のシマと、 浜松、大阪、新潟、そして北海道へとさよならツアーに出発する。
 ひとりぼっちだったふたりが出会い、路上から始めてライブハウスをうめるまでの人気を獲得した。
 その絆の強さは、ありふれた友情なんかじゃない。ところが、さあこれからという時にふたりが 出した答えは──“解散”。いったいふたりに何があったのか、シマとの関係は?
 旅を重ねるうちに、歌詞にしか書けないハルの真実と、歌声でしか出せないレオの想い、 隠し続けたシマの本音が露わになり、ツアーは思わぬ方向へと転がっていく──。

 まず初めに映画の印象を言うと、じんわりと腕を引っ張られるような映画だった。見終わった後には少しの希望のようなものが残る。だから、大きな事件や出来事を期待する人には、あんまりオススメできない映画でもあった。

 3人それぞれの葛藤やもどかしさ、感情の描き方が丁寧で、こちらにもそれが伝播してくる。

 ハルとレオは若さゆえの青い感情が、それぞれに違った形で渦を巻く。シマは2人より少し大人だから、折り合いをつけているような、俯瞰からくる諦観みたいなものがある。

 3人それぞれの想いは違って、でもそれは僕らも持っているもので。見た後には、そうした葛藤に答えを出すヒントを貰える。

 あと大事なんだけど曲が良かった。あいみょんが挿入歌、秦基博が主題歌提供してる。当たり前だけど、実際聴いてみると曲のテイストが大きく違った。どちらにも良さがあって、映画に合ってたと思う。

 そしてどちらの曲も、小松菜奈門脇麦が歌うとハルレオの曲になってた。小松菜奈門脇麦も歌声がめちゃくちゃ綺麗で、何回もあるライブシーン全然飽きなかったし、むしろもっと聴きたくなった。

 とまあそんな感じで、物語を揺るがすような大きな出来事はなく、3人を取り巻く小さな環境を綴る、割と静かな映画。なんでか分からないもやもやとか凶暴なまでの若さ、そうしたものひっくるめたエモーショナルな葛藤なんかを感じている、もしくは感じたことのある人に見てほしい作品でした。

 公式サイトのurl

https://gaga.ne.jp/kuchibiru/