疲れた人のセーブポイント

ジャンプ感想などなど

打ち切り悲しい獄丁ヒグマ

 

 好きだったんだけど打ち切られてしまった。打ち切られて悲しかったのは左門くん以来。

 何でだろうなぁ絵が上手くなかったからかなぁ。盛り上がりにも欠けてたとは思う。でも丁寧に描いてるなぁって伝わってきて応援したくなる感じだったんだけど。とはいえアンケートは出したことないしこれからも出す気ないから、打ち切りについて何も言える立場ではない。

 とにかくお疲れ様でした。次回作期待してます。

 

『チェンソーマン』『鬼滅の刃』ジャンプの明日

 プリキュアスマイルチャージ!!ということで多分3ヶ月ぶり位にブログ書く、スマイルプリキュア

 プリキュアももう16作目らしい。スタートゥインクルという名前からして、今は星々を股にかけたりするのかな。僕は1作目の『ふたりはプリキュア』も全く知らないプリキュアノータッチ勢なんだけど、物凄い推進力で突っ走って続いてる感じは好き。いつか僕が観る時には多分銀河を越えてると思う。つまりそれはプリキュアGT...??

 まあそんな感じで、長く続くモノは段々と形を変えるなりして適応していくのは必然で。それをジャンプで当てはめてみようというのが本題になる。んだけど、こんなこと書きたくなった理由はこれにある。

f:id:mangacomicda:20190516014227j:image

 『チェンソーマン』だ。去年の冬から連載開始。『ファイアパンチ』の藤本タツキ先生の作品だってことで開始前から期待されまくってた本作品。読んだときぶっちゃけ衝撃を受けた。やってんなジャンプ様よと。てわけで今回はそこらへん少し書きたいなと思う。作品を貶す意図は全くないのでそこだけお願いします。ネタバレ多分有り。

 

 

 

 

 

 

 ちょっとおかしい『チェンソーマン

 

  まず何が衝撃的だったか。それはチェンソーマンがジャンプに載ったこと。それ自体が結構な異常事態だと思った。絵面も内容もジャンプに載るにはエグすぎる。マイルドに表すと、チェンソーで悪魔ぶった切って引きちぎって血がブシャー。復讐するぜ銃の悪魔!死なないで城之内!みたいな感じ。キャラを支える動機もネガティブなものが多い。

f:id:mangacomicda:20190516155414j:image

 特にやばいのがデンジというキャラ。主人公。

 ジャンプの主人公、例えばルフィには「海賊王になる」、ナルトには「火影になる」みたいな

1つの大きな目標が定められることが多い。そういうものが明言されてなくても、悟空なら「強くなる」だし一護なら「仲間を守る→その為に強くなる」みたいに芯を貫く行動理念がある。各々で人気漫画の主人公も思い浮かべてみてほしい。多分何かしらはそういったものが用意されてると思う。

 でもデンジは?ポチタの復讐に燃えている?そういう風には見えない。そもそもポチタの心臓を受けてデンジは蘇り一心同体のようなものになった訳で、それでは復讐という言葉はしっくりこない。

 あるならば「普通の生活をする」こと。普通の飯を食い女とイチャイチャしながらゲームでもして生きていくこと。これがデンジの持つ目標だ。

 そう、デンジは+でも−でもなく0を追い求める主人公だ。これがやばい。だってこいつ目の前の欲望にめちゃくちゃ忠実で、抱きたい寝たい飯喰いたいの三大欲求だけで生きているような男なのだ。てかそれが行動理念になってる。そんなジャンプ主人公ありかよ。ダークヒーローと言えばそうなんだけど、なんともしっくりくる表現がない。

f:id:mangacomicda:20190516155002j:image

 要は『チェンソーマン』の何がぶっ飛んでるかって、ジャンプの作ってきたあらゆる基盤を無視した作品を作ってそれを載っけてることだよ。友情努力勝利なんて鼻くそで、性欲食欲睡眠欲が正義だ!っていう高らかなる宣言。おまけに復讐。ダークネスのオンパレード。もはやジャンプへのアンチテーゼ的な発想から作られてるとしか思えないのだ。

 というのが、粗っぽくまとめた『チェンソーマン』でした。次は『鬼滅の刃』についてちょっと書く。

 

ジャンプ的な作品『鬼滅の刃

f:id:mangacomicda:20190516154500j:image

  『鬼滅の刃』は本当にジャンプ漫画してる。友情努力勝利に則り、友と過ごし研鑽を積んで鬼を斬る。前に今のジャンプで最もジャンプ漫画してるのは『アクタージュ』だ!って話をしたけど、その次くらいにやってる。

 そこでちょっと面白いなと思うのが、炭治郎が復讐者なこと。家族を鬼に殺されて幸せな生活をぶっ壊されたからその報いとして鬼舞辻無惨を斬る、が動き出した理由。

 でも炭治郎はダークヒーローじゃない。彼は強きを挫き弱きを助ける真っ直ぐな少年だし、全ての鬼を憎んでいるわけでは決してないから。事実、妓夫太郎を倒した時などは彼らを優しく諭す一面さえ見せた。

 それに、彼の一番の目的は禰豆子を人間に戻すこと。その為に鬼を倒し続ける姿は、まさに王道ジャンプ主人公だ。また、その目的達成に近づくことが物語が進むことに直結してる。

 要は『鬼滅の刃』は炭治郎という主人公のひたすらなポジティブさと潔白さが推し進めている物語で、だからこそ王道ジャンプ漫画であれるのだ。

 ただ、最初に言った通り炭治郎は復讐者としての面も持つから、話にもキャラにも抑揚がついて面白くなってる。『鬼滅の刃』は圧倒的にジャンプ漫画だけど、明るくなりきらないのはここら辺が関係しているんだと思う。

 王道と呼ばれたモノの軌跡をなぞりつつ、同時に主人公に重い邪道性を課しているのだ。それが他作品との差別化にもなってる。

 ぶっちゃけ今のジャンプで1番面白い。吾峠呼世晴先生、神。

 

まとめ的な何か

 

  これまでの王道を辿る『鬼滅の刃』ですら、ただなぞるのではなく邪道性を孕む物語になっていて、それが今アニメ化もされて大人気になっている。そんなところにジャンプアンチとまで言える『チェンソーマン』が始まった。

 『チェンソーマン』の行く末は、誇張なしにこれからの週刊少年ジャンプの形を決めることにつながってると思う。これからどのように形を変えていくかを見る上でも、この作品を追っていくのは面白いんじゃないかな。

 

 

 

シオリエクスペリエンスがアツい

 『SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん』という漫画がある。僕は大好きなんだけどあんまり知られてない気がする。実際僕も最近読んだ。作者はM-1出場でも話題の長田さん。

f:id:mangacomicda:20181110173847j:image

 これが主人公の本田紫織。サブタイの通り地味な日常を送っていたが、ギターの神様ジミヘンドリクスに憑かれることでそれが一変する。みたいな話。

 で、この作品では主人公の変化が周りのキャラクターにとてつもない影響を与えていく。メインキャラのひとりひとりに様々なドラマがあるんだけど、主題は1つ。

 それが「本当の自分でありたい」ということ。

 基本的にキャラクター達は様々な事情で自分をさらけだせずに苦しんでいる。紫織もそのうちの1人。紫織は自分の問題が解決した後は手助けする側に回る。助けて行くに連れてバンドメンバーを増やす...というのが基本の道筋になっている。

 友情努力勝利をジャンプ以上にこなしていくこの漫画、何と言っても絵がヤバい。ページをめくるのが楽しすぎる。それがこんな感じ。

 

f:id:mangacomicda:20190220145148j:image

f:id:mangacomicda:20190220145154j:image

f:id:mangacomicda:20190220145233j:image

 

 本当に音が聴こえてきそうな躍動感からキメの瞬間を切り取ったカッコよすぎるカットまで全部カッコいい。楽しい。

 これでストーリーが悪い!とかだと萎えるけど、ストーリーも絵に負けない魅力が沢山詰まってる。奇をてらったような話はなく、まさに王道の部活漫画。エピソードのひとつひとつに違った味わいがあるんだけど、どれもポジティブだから読後感もめっちゃいい。どのキャラクターにも魅力があるからこそそれが成立するし、キャラクターのことを好きになれる。

 どの世代の人が読んでも楽しめる漫画。特に漫画読んでアツくなりたい!って人は出来れば1回読んでほしい作品。超推せる。

 

『今日から俺は‼︎』ドラマ版に思うこと

 今や人気作のドラマ版今日俺。僕は原作を元々読んでいて大好きだったのでめっちゃ嬉しい。

 僕自身もドラマ版は結構好きで、初めて2話を観て以来毎週楽しみにしている。

 のだが...

 どうにも乗り切れない感じというのか、楽しみきれていない感が強い。

 笑えるし、アクションも格好いいし、ドラマ自体は好きなのに...。なぜなんだろう。

 ので今回は、そこのところをちょっと掘り下げようかと思う。

 

f:id:mangacomicda:20181130171804j:image

 

ビジュアルとストーリー

 

 まず実写化において重要なのはそのビジュアル。これは読んでくださってる皆様にも覚えがあると思う。

 ファンタジーやSFなのに原作に寄せようとしたせいでコスプレ感の半端ないビジュアル。逆に原型を留めていないせいで「これ誰?」感の強すぎるビジュアル...。

 しかし、今日俺は上手いことビジュアルを成立させていると思う。元々キャラクターが日本人で、突飛な髪色をしている訳でもないのでやりやすいのかもしれない。にしても伊藤の髪型は見事でしかない。むしろ完璧な実写化。

 次に、脚本の面白さ。話が面白くなければ勿論見るモチベーションは保たれない。ここにあるのか要因は?

 ...のだが、そうとも思えない。

 笑えるし、熱くなれる。

 福田お馴染みのムロツヨシは毎回笑えるし、佐藤二朗は訳も分からない面白さがある。3話での三橋と智司とのケンカにムロと佐藤二朗が介入した時は流石に少しキたが...。

 f:id:mangacomicda:20181130175109j:image

アクションは(僕が見た感じでは)格好良いし、バトルも見応えがある。原作が良いだけあってストーリーが悪くなろう筈もない。

 

 まだ要因が見つからない。

 

キャラクター

 

 僕についての要因は恐らくここだ。メディアミックス、特に実写化に顕著なのだが原作のキャラクター性を保てないことが多い。

 これは恐らく短い尺でやるドラマや映画と、望む限り続けられるマンガとの差だ。要はマンガでは少しずつキャラクターを掘り下げていけるが、ドラマや映画ではその時間がない。だから尖りがちで、分かりやすい人物像が作られる。

 伊藤は原作からいろんな意味で尖っているし分かりやすいから違和感がほぼない。理子や今井も同様だ。

 問題は三橋だ。三橋は傲慢チキで自分勝手な男だが、意外と本音を言わない。実はセリフだけで判断できるキャラクターではなかったりする。

 原作未読の方には少々のネタバレになるが、三橋は酒が入ると本音が漏れたりするのだが、その折には伊藤や今井を認めているといった言動がある。他にも、特に伊藤に対する三橋の想いに関してはもっと多くのエピソードがある。

 だからこそそれぞれの持つ三橋像は意外とバラけるんじゃないかと思っている。僕の周りで原作読んでる人あんまいないから分かんないけど。

 とにかく、三橋は分かり易いようで、分かりづらいようで...。本質を捉え難い。飄々として掴めないキャラなのだ。

 京子とかに関しては原作のキャラを捨てているからこういった違和感はない。でもあれは最早橋本環奈だ。相良の小物感も少し強すぎる気がする。

 こう考えると僕の持つ原作キャラクター像と、ドラマのキャラクター像の違和が、乗り切れない要因になっていそうだ。

 

楽しもうドラマ版

 

 書いてて思ったが、キャラクター性に関してはやはりマンガとドラマで完全に揃えることはどう考えても無理だし、京子の存在自体が揃える意思を否定していた。

 となるとやっぱりドラマ版は、西森原作作品としてではなく福田作品の1つとして見るのが合っている気がする。そもそも原作にムロはいないし、佐藤二朗の出番はこんなに多くない。

 完全なる別物と迄は言わないが、ビジュアルやストーリーの原案として漫画版を借りている、程度の認識でいれば違和感なく楽しく観れると思う。

 意外とおんなじ感じの人は多いかもしれないなぁと思うが、みんなで楽しく今日から俺は‼︎

 

 というわけで、ドラマ版『今日から俺は‼︎』は

日本テレビで毎週日曜22:30、各種動画配信サイトで絶賛放送・配信中。

 並びに原作『今日から俺は‼︎』は既刊1〜38巻まで絶賛発売中だ!

 f:id:mangacomicda:20181201011416j:image

 

 ...いややっぱビジュアル完成度すごい。

 

阿部共実『月曜日の友達』感想 ネタバレなし

 阿部共実の『月曜日の友達』を今更ながらに読んだ。

f:id:mangacomicda:20181123022628p:image

 なんで今更読んだかっていうと、ある人がめちゃめちゃ「いい」漫画だと言ってたから。

 それを聞いて正直、ほんと?って思った。それは僕が『空が灰色だから』を読んで以来、この人の作品に手が伸びなくなっちゃってて、どうしても空灰のイメージが強かったから。

 空灰自体はかなり人気があるし、実際面白い作品だとは思うんだけど、読んだ当時は受けつけない何かがあった。

 でもたまにある明るい日常のエピソードはとても好きで、この人が本気でそういう方向の作品を描いたら絶対大好きだろうなと夢想したりもした。

 まあそんなこんなで、阿部共実のイメージを払拭するべく、又、阿部共実の陽の部分多めの作品ならばと手に取ったのだ。

 

 結論から言うと読んで大正解だった。

 見事に僕の中の阿部共実は空の彼方へ飛んで行ってしまった。それほどまでに見事としか言えない物語だった。

 僕と同じ感じで、空灰しか読んでない人結構いると思うんだけど、そういう人は是非読んでほしい。

 

 少し作品の話をすると、この作品はこれ以上ない「ガール・ミーツ・ボーイ」の物語だ。

 主人公である水谷茜は中学生になり、「みんな」が変わっていくことに戸惑っていた。流行りの話題、朝の集会、恋愛...。自分だけが変わらないことへの不安と焦燥をいやでも自覚する月曜日。それが嫌いだ。そんな彼女はあるきっかけから、いじめられっ子の月野透と毎週月曜日の夜に学校で会うことになる。

 

 粗筋はこんな感じだ。

 この作品は中学生という誰もが通る過程の中で、少年少女の感情の機微を本当に丁寧に描き切っていると思う。何気ないようでいても彼ら彼女らの物語は進行していく。

 読者は水谷茜の視点から物語を見ることになるから、いつも彼女の感情はダイレクトに読者に伝わる。それが時には心地よく、時には苦しくもある。読んでいくととにかく気持ちが揺さぶられる。

 水谷茜のモノローグの多さなどマンガに対して挑戦的な試みや、幾つもの印象的なシーンもこの作品を彩っている。

 

 誰もが経験した筈の中学生を描いた作品だからこそ、受け取り方が人それぞれ違うマンガだと思うし、伝わりすぎる感情は時に棘になって僕らを襲ってくる。

でもこの作品が素晴らしいことは間違いない。

 色んな人に読んでほしいマンガだと思う。

 

 あと、amazarashiがこの曲のテーマソング作ってるからそっちも聴いてね。めっちゃいい曲。

 

https://youtu.be/fodRoRdDSug

 

アクタージュ 千世子の魅力

 百城千世子はアクタージュのキャラクター。

f:id:mangacomicda:20181108002420j:image

 

 アクタージュはキャラクターが結構多い。役者の話だから劇中作1つにつきそこそこの数が出るからだ。

 そんなキャラクター達の中でも、千世子は頭抜けて魅力的だ。ちょっとなんでこんな良いキャラなのか簡単に2つに分けてみた。

 

①実力

 

 やっぱりこれは外せない。そもそもは敵キャラポジションで出ているからこれがないとバトルが盛り上がらない。

 そんで千世子の実力描写が相当丁寧に為されている。一般人からの知名度や反応、取材陣の盛り上がりとかとか。最近だと阿良也と接触した時。阿良也の実力描写(現状は景の進化形)が千世子以上に丁寧だから、すれ違うだけで阿良也に恐怖を与えるっていうインパクトが半端じゃなかった。

 だから読者も「千世子ってすごいんだなぁ」という印象を自然に持ってしまう。

 天使っていう通称も良い。言うまでもなく千世子は景の対極にいるキャラクターとして登場している。見た目や性格、演技方法も全部真逆。そんな千世子を表現する通称にこれ以上のものが無さそう。綺麗で爽やかでちょっと怖い感じ。景なんてブルドーザー呼ばわりだからね。

  

②変化して変化させる 

 

 当たり前だけどアクタージュの主人公は景である。だから景に何かしらの影響を与えるキャラは印象に残りやすい。

 そんで千世子は1番景に影響を与えている。

 千世子の演技には景の足りない部分が多々あって、それを景が学んで成長する。

 でも千世子も景との干渉の中で成長してしまう。これが良い。

 千世子はそもそもは敵キャラポジションだけど、デスアイランド編が進むにつれて好敵手と書いてライバルと読むみたいな関係に変化する。

 終盤の、景と爆風を駆け抜けるシーンは本当に見応えのあるバトルだった。このバトルは景の心情の変化を明確に表してたけど、焦点は千世子にあった。あの時だけは主人公は千世子だった。主役を主人公にできるのがアクタージュの凄いところだ。最後のシーンの「ありがとう」は絵もノリノリだったし、心震えるものがある。

 感想文を書いたけど、要は登場時の位置に留まり続けず、主人公と共に成長するのも魅力だ。ライバルキャラとして完璧すぎる千世子は成長することでどんどん魅力を増す。

 

なんか実力の項で出た見た目とか、性格とか、他にも色々掘り下げたいとこあるけど、基本はこの2つが大きいかなと思っている。特に実力描写はアクタージュがとっても得意とするところで、それが千世子のキャラ造形に活かされまくってる。

 この前の出演時も、景を利用する強かさを見せたり、気づきをまた与えたり、まだまだ魅力の底は尽きなさそうだ。

 

 

 

 

トリコ世界の成長

 努力(成長)エピソードについて前の記事でだらだら書いたけど、僕が1番上手いと思うのは実はトリコだ。

 トリコら登場キャラは美味いもんを食うとパワーアップする。このシンプルなパワーアップ方法に全くと言っていいほど難がない。

 何故ならこの方法は、トリコという作品の世界観と直結しているから。

 言うまでもなくトリコの世界ではグルメが全てだ。美味いものを買うために人々は働くし、戦う。要は、「食」というものをこれでもかと特別化させているのだ。

 食の価値の高さを読者は全編通して語られるから、トリコという世界における「食べること」の重要性を認識している。

 つまり、世界観が持つ強大な説得力と成長シーンを連結させているのが、トリコの上手さということだ。

 絵柄もあってか、ともすれば雑に見えがちかもしれないトリコだけど、色んな工夫が為されている。特にトリコはそういうの多いと思ってるから、あれこれ考えながら読むのも面白い漫画な気がする。