疲れた人のセーブポイント

ジャンプ感想などなど

五等分の花嫁とかぐや様は告らせたい読んだ話

 随分前から話題になってたこの2作品なんだけど、なんとなく読む機会を逸していたので、一念発起して両方一気買い一気読みしたのでせっかくだから感想的な何か。どちらも本日付最新巻までのもの。

 

五等分の花嫁

 

 f:id:mangacomicda:20190629013107j:image

  まずは五等分。思ってたより恋愛漫画だった!っていう印象。ラブコメみたいな。あと絵が上手くてキャラ可愛い。当たり前だけどめっちゃ有利になる大事なファクターだなぁと思い知らされた。

 五つ子っていう設定は多分初めて見たんだけど、メタルクウラよろしく訳わからんことにはならずに、5人それぞれ個性が出てて読んでて楽しくて良いなぁと。見せ場も意図的に分配されてるのが明確で読みやすい。

 風太郎の立ち回りも不快感なくてグッド。見た目はそっくりなのにクセの強い五つ子という厄介な状況の中、ひとりひとりに出来る限り寄り添おうとする姿勢が尊いね。

 話が逸れるけど、ラブコメで最悪なのは主人公が普通にカスであることなんですよね。主人公に共感できなくなる上に、主人公を好きになるヒロインは、何故かカスを好きになる不憫な子になってしまうから。もっと重いラブストーリーならアリなんだけど、少年誌のラブコメの1番のタブーだと思う。

 閑話休題アララギ

 ただ、一花の扱いが少し気になったかなぁ。イベントを起こして掻き回す役を強要されているというのか。何やかんやで長女として姉妹の事を想い気にかけてると思ってたから、変装騒動あたりのクズ感はまあまあ違和感あった。変な方向にアクセルかけさせられて損な役回りをさせられてる感じは好きじゃない。

 そんなこともあり、現状の花嫁予想は三玖。四葉の過去がどうやら結構なものという噂は聞くので、それ次第になるのかなぁ。目立つ所のない五月の動向も気になるが。

 というか三玖でないと変じゃない。積み上げてきたイベント数は勝利を物語ってる...はず。

 

かぐや様は告らせたい

 

 f:id:mangacomicda:20190629013112j:image

 

 こちらは対照的にコメディ要素強め。らぶコメくらい。この表現気に入ったな。

 ほぼギャグ漫画と言って差し支えない回も多いし、ギャグのレベルが高くてあんまり外では読めないなぁ。なまこの内臓ってなんだよ。

 かぐやと白銀の突飛さの具合が良いんだろうな。いきなり死とか言い出しちゃうところが普通っぽくて。弾けすぎない高校生の男女によるホンワカ感。知略戦もぶっちゃけ後半になればなるほど緩くなってて、作者様のネタ切れもあるんだろうけど、それも2人の距離感を示す材料として働いちゃってて隙がない。文化祭編で大分動いたけど、あんだけイチャコラするのを見てたら、そらそうなるわー!と片目を手で覆いながら2人の人生を祝福するよforeverとなるわ。事実上2人の関係性は決定された訳ではあるけど、ここからどうなってくんだろ。14巻最後にもあったように、氷かぐやをやって家族問題解決して終わりかなぁ。

  個人的には石上と早坂が好き。三玖もそうなんだけど、なんか気怠げなキャラが好みなんだろうなぁ。石上はギャグ要員としての働きが個人的にクソ面白いと思っていて、それも大好き。

 

まとめ的ななにか

 

 読んでみた感想は、どちらも話題になるの分かる作品だったなぁと。

 ふと思ったけど、この2つにしろぼく勉にしろ、主人公みんな勉強できるのが強みの男達やな...。時代によるものなのかな。偶然かもだけど。

 時代のニーズの一端に触れたような気がしなくもなくもなくもないところで、今回はほぼ関係ないぼく勉で締め。

f:id:mangacomicda:20190629024406j:image

 

『さよならくちびる』面白かった話

f:id:mangacomicda:20190605020827j:image

 

 最近上映開始された映画で、調べたところどうも上映規模は小さいらしい。けど、非常に良かったんで、紹介。ネタバレはなし。

 あらすじは以下の通り。公式より引用。

 小松菜奈がレオ、門脇麦がハルに扮したインディーズのデュオ<ハルレオ>は、 今最も時代に求められている俳優・成田凌が演じる、二人を支える付き人のシマと、 浜松、大阪、新潟、そして北海道へとさよならツアーに出発する。
 ひとりぼっちだったふたりが出会い、路上から始めてライブハウスをうめるまでの人気を獲得した。
 その絆の強さは、ありふれた友情なんかじゃない。ところが、さあこれからという時にふたりが 出した答えは──“解散”。いったいふたりに何があったのか、シマとの関係は?
 旅を重ねるうちに、歌詞にしか書けないハルの真実と、歌声でしか出せないレオの想い、 隠し続けたシマの本音が露わになり、ツアーは思わぬ方向へと転がっていく──。

 まず初めに映画の印象を言うと、じんわりと腕を引っ張られるような映画だった。見終わった後には少しの希望のようなものが残る。だから、大きな事件や出来事を期待する人には、あんまりオススメできない映画でもあった。

 3人それぞれの葛藤やもどかしさ、感情の描き方が丁寧で、こちらにもそれが伝播してくる。

 ハルとレオは若さゆえの青い感情が、それぞれに違った形で渦を巻く。シマは2人より少し大人だから、折り合いをつけているような、俯瞰からくる諦観みたいなものがある。

 3人それぞれの想いは違って、でもそれは僕らも持っているもので。見た後には、そうした葛藤に答えを出すヒントを貰える。

 あと大事なんだけど曲が良かった。あいみょんが挿入歌、秦基博が主題歌提供してる。当たり前だけど、実際聴いてみると曲のテイストが大きく違った。どちらにも良さがあって、映画に合ってたと思う。

 そしてどちらの曲も、小松菜奈門脇麦が歌うとハルレオの曲になってた。小松菜奈門脇麦も歌声がめちゃくちゃ綺麗で、何回もあるライブシーン全然飽きなかったし、むしろもっと聴きたくなった。

 とまあそんな感じで、物語を揺るがすような大きな出来事はなく、3人を取り巻く小さな環境を綴る、割と静かな映画。なんでか分からないもやもやとか凶暴なまでの若さ、そうしたものひっくるめたエモーショナルな葛藤なんかを感じている、もしくは感じたことのある人に見てほしい作品でした。

 公式サイトのurl

https://gaga.ne.jp/kuchibiru/

さあ賭ケグルイましょう映画『賭ケグルイ』

f:id:mangacomicda:20190528021205j:image

 ドラマ版の映画化。僕はぶっちゃけ浜辺美波が好きだからドラマを見始めたんだけど、面白くって作品も好きになってしまった。んで映画も見にいったので、ちょっと内容に関して思ったことをつらつらと書いていきたいなぁと思います。ネタバレあり。

 

 

 

多少は知識あった方が楽しい

 

 初めにいうのも変なんだけど、レビューでチラチラ見かけたことに思ったこと。

 映画だし、キャストも豪華だからそれ目当てで見に来る人が結構いると思うんだけど、そういう人にはちょっと易しくないのかも。

 冒頭で基本設定は述べられるんだけど、そもそも『賭ケグルイ』の設定は基本突拍子もないものばかりなので、そういう作品だと知っとかないと飲み込むのに時間が掛かるかなと思った。 加えて、蛇喰夢子のキャラクター性を知らないと、彼女の扱われ方に戸惑うのかな。

 とは言え、基本はドラマ又は原作を知っているファンの為の作品だとは思うので、ここら辺は少し身勝手な批判かなと思う。僕はドラマ知ってたから不満なかったし。楽しむ為に、原作ありと知ってるなら最低限の知識を付けてから見に行こう。キャストが観れれば満足って人はきっとめっちゃ楽しい。

 

浜辺美波が可愛い てかみんなかっこいい可愛い

 

映画なので勿論キャストも大事なのだが、まあ浜辺美波が可愛い。スクリーンの大画面で観ると顔面力に殺される。

 てか当たり前なんだけど、みんな顔が良い。浜辺美波は勿論、ゲストの福原遥宮沢氷魚をはじめドラマからの続投組もみんな凄まじい。池田エライザはずっとエロい。

 映画で観るのとテレビやスマホで観るのとで最も違うこととして、単純にスクリーンのデカさがある。臨場感が違いすぎて、やべえメチャクチャ美男美女や...となること請け合い。顔が間近でデカい。イケメンとイケジョは観るだけで幸せになる。

賭ケグルイ』は結構吹っ切れた芝居が多い為、いろんな表情が観れて楽しいよなあと思う。家にあるハードでは味わえない、パワーアップしたキャスト達を観れるのはとても魅力的だった。

 

ストーリーに思うこと

 

 結果から言うと、ストーリー面白くて満足。きちんと『賭ケグルイ』だった。まあ僕は原作読んでないにわかだから、この表現が適切かは分からないんだけど、僕が思うそれだった。

 まずキャラクター性がきちんと強調されてたのが良かった。夢子はギャンブル狂だし鈴井はなんか普通。特に好きなのが木渡。白い衣装は似合わない男。

 次に、テーマがブレなかったこと。多分だけど、「自分の意思で選択する」みたいなことがそれ。

 映画の特色であるヴィレッジが象徴的。彼らは作中何度も大事な選択を迫られるが、曖昧なまま俯くことばかり。だけど最後の最後、自分達の意思を持って村雨を救う。生徒会に抵抗して彼らが殴り合う場面がある。ちょっと何の映画か分からなくなって笑っちゃったけど、闘う彼らの姿は汚れていく白い服に反比例して輝くのだ。

 話逸れるけど、集会でうぉーうぉーウォーウォー言うあれちょっと面白いよね。ウケた。途中途中であれが入るからほっこりしながら観れた。

 ボスの村雨。結果的にギャンブルで姉を死なせた経験から、立ち止まってしまった男。

 しかしヴィレッジのピンチによって立ち上がり、ギャンブルに臨む。それも1つの大きな選択なんだけど、もう1つ印象に残ったシーンがある。

 それが決勝戦の最後の最後。それまで何があっても一定の挙動をしていた彼が、力を込めてカードを選択するシーン。ここで初めて「勝ちたい」という意思が見れた。ギャンブルを封印していた彼が、本当の意味でまた立ち上がったんだなと分かって、良いシーンだと思った。クール系が熱くなるの良いよね。

  

 ギャンブルについて

 

 とはいえ、すこしギャンブルについて思うこともあったのでそれの感想。

 票争奪じゃんけんは、制限時間10分という縛り+先手必勝であるとは言え、もう少し様子見の時間が長くなりそうな気もする。情報が命のゲームなのにカード管理がみんな杜撰だったのも気になる。メアリとか後ろから覗いちゃってたし。

 だから皇のあのやり方は凄い好き。金持ちの特権を完全に活かした作戦で、賭ケグルイ的正統派勝利で最高だった。

 支持率争奪ゲームに関しても、村雨がカードの順番を目で追って勝ったのは、なんかなぁと。

 そんなん常人には無理だし、村雨の強さは分かる。分かるんだけど、どうしても演出が地味になって強さが伝わりづらかった。歩火がやったように、手で完全に順番を隠すとか対策もできるわけだし。それを木渡・早乙女がやらなかったのも違和感。

 ただ、こっちは最後までどっちが勝つか(負けるか)分からない展開と、ヴィレッジも巻き込んだどんでん返しとか含めるとメチャクチャ面白かった。歩火の謀反やら夢子のお決まりのセリフやら村雨のホットなシーンやら鈴井の必死さやら見所満載。実質メインとなるゲームだし、力入ってたなぁという印象。凄い好きです面白かった。

 

まとめ

 

 とまあ細かいところでは思うことはあったものの、 全体通してめっちゃ面白かった。『賭ケグルイ』に求める要素てんこ盛りで満足度クソ高い。もう一回副音声付きで観たいなぁ。

 

打ち切り悲しい獄丁ヒグマ

 

 好きだったんだけど打ち切られてしまった。打ち切られて悲しかったのは左門くん以来。

 何でだろうなぁ絵が上手くなかったからかなぁ。盛り上がりにも欠けてたとは思う。でも丁寧に描いてるなぁって伝わってきて応援したくなる感じだったんだけど。とはいえアンケートは出したことないしこれからも出す気ないから、打ち切りについて何も言える立場ではない。

 とにかくお疲れ様でした。次回作期待してます。

 

『チェンソーマン』『鬼滅の刃』ジャンプの明日

 プリキュアスマイルチャージ!!ということで多分3ヶ月ぶり位にブログ書く、スマイルプリキュア

 プリキュアももう16作目らしい。スタートゥインクルという名前からして、今は星々を股にかけたりするのかな。僕は1作目の『ふたりはプリキュア』も全く知らないプリキュアノータッチ勢なんだけど、物凄い推進力で突っ走って続いてる感じは好き。いつか僕が観る時には多分銀河を越えてると思う。つまりそれはプリキュアGT...??

 まあそんな感じで、長く続くモノは段々と形を変えるなりして適応していくのは必然で。それをジャンプで当てはめてみようというのが本題になる。んだけど、こんなこと書きたくなった理由はこれにある。

f:id:mangacomicda:20190516014227j:image

 『チェンソーマン』だ。去年の冬から連載開始。『ファイアパンチ』の藤本タツキ先生の作品だってことで開始前から期待されまくってた本作品。読んだときぶっちゃけ衝撃を受けた。やってんなジャンプ様よと。てわけで今回はそこらへん少し書きたいなと思う。作品を貶す意図は全くないのでそこだけお願いします。ネタバレ多分有り。

 

 

 

 

 

 

 ちょっとおかしい『チェンソーマン

 

  まず何が衝撃的だったか。それはチェンソーマンがジャンプに載ったこと。それ自体が結構な異常事態だと思った。絵面も内容もジャンプに載るにはエグすぎる。マイルドに表すと、チェンソーで悪魔ぶった切って引きちぎって血がブシャー。復讐するぜ銃の悪魔!死なないで城之内!みたいな感じ。キャラを支える動機もネガティブなものが多い。

f:id:mangacomicda:20190516155414j:image

 特にやばいのがデンジというキャラ。主人公。

 ジャンプの主人公、例えばルフィには「海賊王になる」、ナルトには「火影になる」みたいな

1つの大きな目標が定められることが多い。そういうものが明言されてなくても、悟空なら「強くなる」だし一護なら「仲間を守る→その為に強くなる」みたいに芯を貫く行動理念がある。各々で人気漫画の主人公も思い浮かべてみてほしい。多分何かしらはそういったものが用意されてると思う。

 でもデンジは?ポチタの復讐に燃えている?そういう風には見えない。そもそもポチタの心臓を受けてデンジは蘇り一心同体のようなものになった訳で、それでは復讐という言葉はしっくりこない。

 あるならば「普通の生活をする」こと。普通の飯を食い女とイチャイチャしながらゲームでもして生きていくこと。これがデンジの持つ目標だ。

 そう、デンジは+でも−でもなく0を追い求める主人公だ。これがやばい。だってこいつ目の前の欲望にめちゃくちゃ忠実で、抱きたい寝たい飯喰いたいの三大欲求だけで生きているような男なのだ。てかそれが行動理念になってる。そんなジャンプ主人公ありかよ。ダークヒーローと言えばそうなんだけど、なんともしっくりくる表現がない。

f:id:mangacomicda:20190516155002j:image

 要は『チェンソーマン』の何がぶっ飛んでるかって、ジャンプの作ってきたあらゆる基盤を無視した作品を作ってそれを載っけてることだよ。友情努力勝利なんて鼻くそで、性欲食欲睡眠欲が正義だ!っていう高らかなる宣言。おまけに復讐。ダークネスのオンパレード。もはやジャンプへのアンチテーゼ的な発想から作られてるとしか思えないのだ。

 というのが、粗っぽくまとめた『チェンソーマン』でした。次は『鬼滅の刃』についてちょっと書く。

 

ジャンプ的な作品『鬼滅の刃

f:id:mangacomicda:20190516154500j:image

  『鬼滅の刃』は本当にジャンプ漫画してる。友情努力勝利に則り、友と過ごし研鑽を積んで鬼を斬る。前に今のジャンプで最もジャンプ漫画してるのは『アクタージュ』だ!って話をしたけど、その次くらいにやってる。

 そこでちょっと面白いなと思うのが、炭治郎が復讐者なこと。家族を鬼に殺されて幸せな生活をぶっ壊されたからその報いとして鬼舞辻無惨を斬る、が動き出した理由。

 でも炭治郎はダークヒーローじゃない。彼は強きを挫き弱きを助ける真っ直ぐな少年だし、全ての鬼を憎んでいるわけでは決してないから。事実、妓夫太郎を倒した時などは彼らを優しく諭す一面さえ見せた。

 それに、彼の一番の目的は禰豆子を人間に戻すこと。その為に鬼を倒し続ける姿は、まさに王道ジャンプ主人公だ。また、その目的達成に近づくことが物語が進むことに直結してる。

 要は『鬼滅の刃』は炭治郎という主人公のひたすらなポジティブさと潔白さが推し進めている物語で、だからこそ王道ジャンプ漫画であれるのだ。

 ただ、最初に言った通り炭治郎は復讐者としての面も持つから、話にもキャラにも抑揚がついて面白くなってる。『鬼滅の刃』は圧倒的にジャンプ漫画だけど、明るくなりきらないのはここら辺が関係しているんだと思う。

 王道と呼ばれたモノの軌跡をなぞりつつ、同時に主人公に重い邪道性を課しているのだ。それが他作品との差別化にもなってる。

 ぶっちゃけ今のジャンプで1番面白い。吾峠呼世晴先生、神。

 

まとめ的な何か

 

  これまでの王道を辿る『鬼滅の刃』ですら、ただなぞるのではなく邪道性を孕む物語になっていて、それが今アニメ化もされて大人気になっている。そんなところにジャンプアンチとまで言える『チェンソーマン』が始まった。

 『チェンソーマン』の行く末は、誇張なしにこれからの週刊少年ジャンプの形を決めることにつながってると思う。これからどのように形を変えていくかを見る上でも、この作品を追っていくのは面白いんじゃないかな。

 

 

 

シオリエクスペリエンスがアツい

 『SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん』という漫画がある。僕は大好きなんだけどあんまり知られてない気がする。実際僕も最近読んだ。作者はM-1出場でも話題の長田さん。

f:id:mangacomicda:20181110173847j:image

 これが主人公の本田紫織。サブタイの通り地味な日常を送っていたが、ギターの神様ジミヘンドリクスに憑かれることでそれが一変する。みたいな話。

 で、この作品では主人公の変化が周りのキャラクターにとてつもない影響を与えていく。メインキャラのひとりひとりに様々なドラマがあるんだけど、主題は1つ。

 それが「本当の自分でありたい」ということ。

 基本的にキャラクター達は様々な事情で自分をさらけだせずに苦しんでいる。紫織もそのうちの1人。紫織は自分の問題が解決した後は手助けする側に回る。助けて行くに連れてバンドメンバーを増やす...というのが基本の道筋になっている。

 友情努力勝利をジャンプ以上にこなしていくこの漫画、何と言っても絵がヤバい。ページをめくるのが楽しすぎる。それがこんな感じ。

 

f:id:mangacomicda:20190220145148j:image

f:id:mangacomicda:20190220145154j:image

f:id:mangacomicda:20190220145233j:image

 

 本当に音が聴こえてきそうな躍動感からキメの瞬間を切り取ったカッコよすぎるカットまで全部カッコいい。楽しい。

 これでストーリーが悪い!とかだと萎えるけど、ストーリーも絵に負けない魅力が沢山詰まってる。奇をてらったような話はなく、まさに王道の部活漫画。エピソードのひとつひとつに違った味わいがあるんだけど、どれもポジティブだから読後感もめっちゃいい。どのキャラクターにも魅力があるからこそそれが成立するし、キャラクターのことを好きになれる。

 どの世代の人が読んでも楽しめる漫画。特に漫画読んでアツくなりたい!って人は出来れば1回読んでほしい作品。超推せる。